物件情報オフィシャルサイト

空室対策・リノベーション

  1. ホーム
  2. 空室対策・リノベーション

本当に「家賃の値下げ」がベストな方法ですか?

「この物件はもう古いですから、入居者を集めるために家賃を下げましょう」。
管理会社からこんな提案をされている不動産経営者様も多いのではないでしょうか?
徳島の不動産会社「株式会社賀川興産」では、安易な家賃の値下げはおすすめしません。マンション・アパートのリノベーションも含め、経営者様にとって最適な空室対策をご提案しています。

賃貸住宅の空室率

賃貸住宅の空室率

古くても、不便でも、待っていれば入居者が集まってきた高度成長期やバブル期など今は昔。人口減少や過疎化などによって、賃貸住宅の空室率は上昇の一途をたどっています。今や、空室率が25%を超えるエリアもあるのが現状です。

ただ、すべての賃貸物件が平均して「空室率25%」なのかと言えば、そうではありません。人気がある物件は満室、その一方でガラガラの物件がある。これが実情でしょう。

それでは、その人気を分けるものは何なのか?
築年数や家賃額だけが原因なのでしょうか?

家賃だけじゃない? 空室の原因について

家賃だけじゃない? 空室の原因について

お客様の空室対策をお手伝いするにあたり、賀川興産では「空室の原因は一つではない」と考えています。そのため、家賃だけを原因と決めつけて、安易に値下げをご提案することはありません。
その場をしのぐだけの安易な値下げは、かえって家賃収入の減少を招いたり、さらに家賃が下落したりすることにつながるからです。

空室対策でもっとも大事なのは、きちんと空室の原因を見極めること。そして、原因に合わせた対策を講じることです。

賀川興産の空室対策

賀川興産の空室対策

安易に値下げを提案しない当社の空室対策は、実際に高い入居率の実現につながっております。多くのお客様からご信頼をいただき、その結果として管理の移管やご紹介の件数も増加。豊富な実績は、当社の空室対策に対する姿勢が間違っていない証だと考えております。

空室対策におけるリノベーション

査定を依頼する前に

家賃の値下げを回避し、入居者の増加を図る方法の一つとして、賀川興産では空室対策としてのリノベーションにも対応しております。

マンションやアパートの居室には、壁のくすみや色落ちなどの経年変化がつきものです。こういった劣化や汚れは物件の印象を下げ、入居者を遠ざけてしまいます。リノベーションを行って部屋をリフレッシュすることで、入居率をアップさせることができます。

マンションやアパートの居室には、壁のくすみや色落ちなどの経年変化がつきものです。こういった劣化や汚れは物件の印象を下げ、入居者を遠ざけてしまいます。リノベーションを行って部屋をリフレッシュすることで、入居率をアップさせることができます。

Copyrighit © 有限会社 賀川興産 All righit Reserved.